東北のかいご協同組合

  東北のかいご協同組合は、宮城県で介護施設を運営する社会福祉法人が代表発起人となって、2019年11月に設立された協同組合です。2020年6月には、技能実習生を受け入れるための監理団体としての許可を受けております。

 当組合は、「地域に密着した丁寧なサポート」を理念とし、組合員の活性化に尽力します。事業のひとつである外国人技能実習生の受入事業では、代表発起人のこれまでの外国人材受入れの経験を活かし、組合員となる介護事業所に安心して受け入れを実施していただきます。

 宮城県、ゆくゆくは東北地方の介護福祉サービスがよりよいものとなるため、サポートしていくことを目的としております。

 



TOPICS

   
2022. 4. 7

技能実習生13名が入国しました。この後待機期間を経て約1ヶ月間の入国後講習を行い、実習実施者様の施設へと配属予定です。

併せて、ブログも開設しました。技能実習生の成長する姿を母国インドネシアのご家族にも届けたいと思います。

2020. 7.16  HPを開設しました。


組合で行っている事業


外国人技能実習生の受入れ

宮城県の介護施設での技能実習生受入れを

お手伝いします。

セミナー情報

随時、個別相談会を実施しております。

お気軽にお問合せください。

協同購買事業

介護用品を組合員価格でご提供いたします。

 

紙おむつ購入の無料見積をいたします

 

   施設様単位では少額でも、法人様全体では費用削 

   減の効果がでることがあります。お気軽にお問い

   合せください。